文京あさなぎ法律事務所

弁護士のご紹介

弁護士 渡邊 泰範
(Hironori Watanabe)第一東京弁護士会

弁護士 渡邊泰範

地域医療の未来を守ります

文京あさなぎ法律事務所の渡邊泰範です。

学生時代は基礎医学(分子細胞生物学、遺伝子工学)の分野で、研究職を志していました。当時、研究職は研究活動を続けていくには環境が大変厳しく、生活などのために才能ある人材が次々と異分野へと流出してしまうという現実に直面しました。専門分野を発展させていく能力のある人が研究に専念できる環境づくりを担いたい、そう思ったのが弁護士になるきっかけでした。

弁護士となった現在は、医師に日々の医療行為に集中していただくために医療機関側に立ち、医療機関が抱えるさまざまな問題の解決に日々、全力を注いでいます。

医師に専門分野があるように、弁護士にも得意とする分野があります。専門的な知識や医療現場への理解が必要となる医療問題は、ほとんどの弁護士にとっては未知の分野になりますが、私は総合病院への出向や製薬企業での勤務経験があり、出向先では医師に密着して当直や手術室にも同行し、医療現場の過酷さや医師の勤務実態を体感しました。

そういった経験を活かして、患者さんとのトラブルやクレームの対応から医療施設内で起きうる事故予防対策をはじめ、薬事問題といった医療機関特有の問題についても、病院実務をしっかりと踏まえた対応や判断をスピーディかつ適切に行うことができます。

病院やクリニックは、どの地域にとってもなくてはならない存在です。事故や事件で運営に影響が出ると、結果的に迷惑を被るのは患者さんであり、地域医療の損失にも繋がります。

地域の未来から安心や安全を奪わないために、法的リスクから医療機関を守り、医療従事者が仕事に専念できる仕組みづくりをサポートします。

注力分野

・医療事故・医療過誤
・医療機関法務
・患者トラブル、クレーマー対応
・人事・労務問題
・事業承継、M&Aなど

略歴

西大和学園高等学校 卒業
東京大学 農学部 応用生命科学課程 生命工学専修 卒業
東京大学大学院 農学生命科学研究科 応用生命化学専攻 修了
東京大学大学院 法学政治学研究科 法曹養成専攻 専門職学位課程 修了

主な歴任

キリンビール株式会社
医療機器販売会社 取締役
医療コンサルティング会社(非常勤)
医療法人鉄蕉会 亀田総合病院(出向)
医療法人社団 監事
ヘルスケア関連会社 取締役

所属団体等

常議員会(平成27年度、令和元年度)
総合法律研究所医事法研究部会
総合法律研究所知的所有権法研究部会
成年後見に関する委員会
弁護士業務妨害対策委員会
日本医事法学会
日本賠償科学会




pagetop