文京あさなぎ法律事務所

医療法務・顧問契約

このようなお悩みはございませんか?

・各種文書のリーガルチェックをスムーズにしたい
・医療法の改正に伴い、法律や制度に適した体制になっているのか心配
・病院内の規則をチェックして欲しい、規則を新たに作りたい
・悪質なクレーマーの診療を拒否したい
・クレーム対応を誤り、問題が大きくなってしまったことがある
・クレーム対応中,録音されてしまった
・病院が患者に無断で録音をすることは違法なのか
・医師や看護師、職員のコンプライアンス意識を高めたい
・医療費未払い問題を抱えている
・個別指導への帯同をして欲しい
・病院のことで困ったときに気軽に相談したい
・病院の中で日常的に起きる法律問題をすぐに対応してくれる弁護士がほしい
・病院や医師に対するネット上の誹謗中傷に困っている
・業者との契約で、不利な契約がないかチェックしてほしい

当事務所の特徴

医療機関は一般的な企業に比べると、予防法務という考え方が浸透していないと感じています。医療問題を多く取り扱っている弁護士が少ないこともありますが、顧問弁護士を置く医療機関もまだまだ少ないのが現状です。

医療現場は日々さまざまな問題が生じやすく、守秘義務などもあるため、弁護士に頼ることを躊躇したり、頼るほどでもないと考えがちな傾向にあるようです。

しかし、煩雑な医療法務やリスク管理をすべて弁護士にお任せいただくことで、ストレスや負担が驚くほど軽減し、本来注力すべき医療へと専念していただけます。

医療法や医療紛争に関する豊富な経験と知識をもとに、各種契約書の作成やチェックなど、医療機関を経営するうえで日々発生する法律問題についてもアドバイスいたします。迅速で丁寧な対応を心掛けておりますので、安心してお任せください。

当事務所では紛争になってからご相談に来られる案件も多いですが、未然に防げたと感じるケースも少なくありません。問題の特殊性も高い医療機関だからこそ、日頃から医療問題を取り扱う弁護士の確保をおすすめします。

当事務所では医療の勉強会や講演会での研鑽を日々積んでおりますので、顧問契約では期待を超えるきめ細やかなリーガルサービスをお約束します。

健やかな病院運営ができるように医療機関全体の問題に取り組み、最善の対策を行います。事件が起きた場合も即座に対応できるので、大きな問題へと発展する前に芽を摘み取るなど、良きパートナーとしてさまざまな角度からサポートいたします。

当事務所のサポート体制

定額の顧問契約以外にも、契約書作成など単発(スポット)の案件にも対応しております。

事前にご連絡をいただければ、当日や夜間(18:00〜22:00)、土日祝のご相談も可能です。「平日は忙しくて相談に行けない…」「日中に事務所へ行くのは難しい…」「少しでも早く相談したい…」という場合にも、まずはお気軽にお問い合わせください。
必要に応じて全国各地に出張いたします。

pagetop