文京あさなぎ法律事務所

医師・医療機関経営者のお客様

医療機関のお悩みに応えます

文京あさなぎ法律事務所では、大規模な医療機関だけではなく、個人医院、クリニック、歯科医院、介護施設などからのご相談を幅広くお受けしています。土日祝や時間外(夜間)のご相談なども柔軟に対応いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

医療事故、患者トラブル、クレーム対応、院内規則の策定、交渉対応、ADR、調停、訴訟といった一般的な法務に加え、医療安全管理、医療事故調査(外部委員)の支援、高齢者虐待・児童虐待問題といった医療分野に特化した問題に取り組んでおります。ほかにも診療ガイドラインの作成や倫理委員、医学系学会に必要な法務などもお任せください。

医療事故・医療過誤

医療機関で起こりうる医療事故や医療過誤。医療過誤に関与した場合、民事・刑事・行政上と3方面からの責任を問われる可能性があります。
医療問題の中でも専門的知識が求められるケースが多く、医療分野に積極的に取り組んでいる弁護士が必要になります。文京あさなぎ法律事務所では医療業界での豊富な経験を活かし、より迅速な対応とスムーズな解決へと導きます。
まずは患者側からの請求内容の当否判断や交渉が必要かどうかを含めた検討のため、状況調査を行います。医療機関側の代理人として患者側と交渉し、適切かつ早期解決を図ります。

> 詳しくはこちら

患者トラブル・クレーマー対応

医療現場を悩ませるクレーマー。献身的に患者をサポートする医療従事者に、クレーマーは理不尽な要求を突きつけてきます。
クレーム対応に追われた医療従事者は、時間的・精神的に追い込まれ、本来の医療提供に支障を来してしまいます。
応招義務との関係など、医療特有の法律問題に配慮する必要があり、医療機関のみで適切に対応するのが難しいこともあります。また、初期対応を間違えると、クレームがエスカレートすることも珍しくありません。
文京あさなぎ法律事務所では多くのクレーム対応に携わってきた実績があります。当事務所にお任せ頂ければ、医療に専念することができます。

> 詳しくはこちら

医療法務・顧問契約

医療現場は日々さまざまな問題が生じやすい環境なだけに、弁護士に頼るほどでもないと考えがちな傾向があります。医療機関は一般的な企業に比べると、予防法務という考え方がまだまだ浸透していないと感じています
当事務所では紛争になってからご相談に来られる案件も多いですが、未然に防げたはずのケースも少なくありません。問題の特殊性も高い医療機関だからこそ、日頃から医療問題を扱っている弁護士の確保をおすすめします。
当事務所では医療の勉強会や講演会での研鑽を日々積んでおりますので、良きパートナーとしてさまざまな角度からサポートいたします。顧問契約では期待を超えるきめ細やかなリーガルサービスをお約束します。

> 詳しくはこちら

人事・労務

働き方の多様化に伴い、法令・判例など法律は年々労働者に優しくなってきています。
勤務時間が不規則で多忙、かつ人命を扱うプレッシャーに日々直面するなどストレスや負担も多く、常に人材不足に悩む医療業界は、慣習的にサービス残業が行われるなど労務管理も難しく、労務トラブルの深刻な業界と言えます。
医療機関の顧問経験が豊富で、医師や看護師など現場の実情も知り尽くす文京あさなぎ法律事務所では、正確に問題点を把握し、双方の意向に沿った円満な解決を目指します。
労働条件の整備や雇用契約書を見直しなど、労務トラブルの事前予防にも力を注いでいます。

> 詳しくはこちら

医療安全・規程作成

医療機関では、事故やトラブルが起きてからの対応よりもそれらを未然に防ぐ、平時からの医療安全体制の構築が最も重要です。
事故につながるインシデント報告体制の整備や、医療事故防止策の作成のほか、医療機関が遵守すべき法律問題へのマニュアル作成、職員対象の講演会や研修の実施など、幅広い対応を行なっています。
患者さんだけでなく、医師や看護師、職員にとっても安全で質の高い医療を確保し、よりよい医療を目指せる組織づくりをサポートします。

> 詳しくはこちら

病院の顧問弁護士の役割とは

現状では顧問弁護士を置く病院はさほど多くはありませんが、モンスターペイシェントやスタッフの人材不足、外国人患者の増加など、問題の深刻化が予想される医療業界では近い将来必ず欠かせない存在となるでしょう。
顧問弁護士は大変幅広い役割を担っています。医療経営が厳しい昨今においては決して安い出費ではないかもしれませんが、顧問弁護士を置くことはメリットしかなく、安全な医療の実現への第一歩となると断言いたします。
「うちは大きな病院じゃないから…」「弁護士を雇うほど切迫した問題がない」とこれまで検討していなかった方も、非常事態が起きる前に検討してみませんか?

> 詳しくはこちら

上記以外でも、なにか不安なこと、気になることがあった場合には、お気軽にご相談ください。

> 相談予約はこちら

pagetop